医者

更年期障害の治療を受ける|対応した病院探し

主流となっている方法

看護師

現在、更年期障害の治療法として主流となっているのが、分泌量が減少した女性ホルモンを補うという女性ホルモン補充療法と呼ばれる方法です。この治療を行うことにより、更年期障害の症状を軽減させる効果を期待することが出来ます。また、早いうちに治療を開始することで、投薬量を抑えることが出来るというメリットがあります。しかし、一方では注意しなければならないことがあります。それが、副作用が出る可能性があるということです。これは、全ての人に起こるわけではありませんが、乳ガンや子宮体がん、肝機能障害の可能性があるとされています。そのため、ホルモン補充療法を受ける際には、必ず医師の指示に従って行なうようにしましょう。

更年期障害の症状は一人ひとり異なります。そのため、適している治療法も一人ひとり異なります。更年期障害の症状は身体的なものと精神的なものに分けることが出来ます。精神的なうつ症状やイライラ感、不安感などに対しては、カウンセリングが有効な場合もあります。悩みを相談し、共感を得ることで、心のモヤモヤを晴らすことが出来る場合もあります。そのため、薬物療法とともに、必要に応じてカウンセリングを受けることも必要な場合があります。更年期障害の症状の程度が重く、日常生活に支障をきたしているという場合には早めに治療を開始するようにしましょう。なお、治療方法については、医師と相談をした上で決めるということが大切になります。

様々な方法があります

女性

更年期障害の治療では、カウンセリングが有効な場合もあります。様々な治療法がありますので、自分の症状に合わせた治療を受けるようにしましょう。簡単な病院探しには、インターネットを利用することをおすすめします。

» 詳細へ

心も体も負担を感じます

医者

更年期障害は身体的不具合だけでなく、不安や憂うつ感などの精神的負担が大きい症状が現れます。生活環境やその人の性格により痛みに対して気にならない場合もあれば、痛みに過敏に反応してしまい、負の思考でいっぱいになってしまう場合には心療内科での治療が効果的です。

» 詳細へ

放置しないことが大切

女性

更年期障害が疑われる場合には、専門外来に相談することをおすすめします。症状に合わせて、最適な治療を受けることが出来ます。症状が出始めたら、早めに相談をすることで、早期回復につなげることが出来るでしょう。

» 詳細へ

関連サイト

  • 健やかな毎日のための更年期障害ガイド

    更年期障害を解消させる為には、迷わず漢方薬やサプリが強い味方になります。多くの発症者がその強い効果を実感していますよ。