看護師と先生

更年期障害の治療を受ける|対応した病院探し

心も体も負担を感じます

心の悩みがありますか

医者

更年期障害は卵巣機能が低下したり、閉経を迎えた女性に多く発症します。人により痛みの感覚が異なる特徴があります。頭痛や肩こり、耳鳴りなどの症状は若い時から症状として経験しているので痛みに対して気にならない人がいれば、少しの体調の変化に過敏に反応して痛みを強く感じやすい人もいます。更年期障害はその人の生活環境や物事の考え方により症状の出方に差が生まれていきます。絶えず痛みを意識してしまうと少しの変化でも気分が落ち込みますが、気持ちを前向きに捉えて生活していると体調が少し悪くても楽しいことをして乗り切ったり、上手に気分転換している人もいます。このような精神面の負担が更年期障害の悩みの一つといえます。治療には心療内科や精神科でのケアを行うと負担が軽くなります。

前向きに気持ちを整えます

更年期障害の主な治療には薬物療法があります。卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンのバランスが悪くなり、体の環境が崩れた部位に症状が現れます。女性ホルモンはエストロゲンが主な成分で、適量の女性ホルモンを投与することで身体的不具合だけでなく、精神的不具合も改善されます。また、漢方薬による治療も体内環境を整える手助けをしてくれます。更年期障害の症状の一つに肌の乾燥がありますが、肌の手入れと共にホルモンによる治療が内面から改善させてくれます。不具合の起きた部位にばかり着目せずに、体全体のバランスを考慮した治療が必要です。また、不安や憂うつ感、イライラ感が解消しない時には臨床心理士と共に行うカウンセリングを受けるのも良いでしょう。負の思考を前向きに改善させてくれます。